ウムリンと組み合わせると効果的?ショウガヨウサンの成分とは?

 

妊活に有効と話題のウムリンですが、組み合わせ抜群の商品があるってご存知ですか?

 

ウムリンが卵子に効果があるのに対し、妊娠時期に母体に必要な栄養を補給してくれるのがショウガヨウサンです。

 

このショウガヨウサンの成分や効果について、調べてみました。

 

>>【今だけ限定33%OFF】ショウガ葉酸キャンペーン詳細はコチラ

(※先着300名限定みたいです)

妊活+温活のススメ

 

ウムリンで卵子の老化を防いで、さらに身体を冷やさないことが妊活に効果的です。

 

身体を冷やさない理由として以下の事が考えられています。

 

  • 卵巣や支給は冷えやすい。

 

人間の身体は冷えで血流が悪くなると、まずは生命活動に関わる臓器に先に血を巡らせます。

 

そのため身体の血流が悪くなると、卵巣や子宮への血流量が減りさらに冷えやすくなるのです。

 

  • 子宮が冷えると卵巣機能も低下します。

 

ウムリンで卵活をしていても、冷えが原因で卵子の発育が悪い状態になりかねません。

 

  • 着床しにくくなる

 

血流が悪いと子宮内膜が十分に育たないため、卵子と精子が出会っても着床しにくくなります。

 

ウムリンを飲んでいる体験談の中にも「体を冷やさない」「温活」という言葉が多くみられます。

 

この温活を助けてくれるおススメの商品が「ショウガヨウサン」です。

ショウガヨウサンの成分って何?

 

妊娠したら摂取を推奨される「葉酸」も取れて、温活もできる商品です。

 

葉酸って妊娠してから必要じゃないの?と思われがちですが、実は妊活中から摂取するとより効果的です。

 

葉酸は赤血球の形成や赤ちゃんの正常な発育に必要なビタミンB群の事。

 

妊娠初期の赤ちゃんの細胞形成時期から必要な成分と考えられるため、妊娠がわかってから摂取するよりも妊活中から摂取するが有効です。

 

そこでショウガヨウサンは「必要なものはしっかり摂れて、余計なものを摂りすぎない」を目標に、厚労省の推奨摂取量に従って必要な11種類の栄養素をしっかり配合しました。

 

さらに国産天然の生姜を配合し、しっかり温活もサポートします。

 

生姜の一大産地である高知県の小金ショウガだけを使い、冷え性改善に有効なショウガオールを最大限に引き出しています。

 

ショウガオールは身体の深部に熱を作り出し、体内を内側からしっかり温めてくれます。

 

実はショウガオールは高温だと壊れてしまうため、低温でじっくりと蒸して生姜に火を入れるという手間のかけようです。

 

ショウガオールで体温を上げて血流をアップすることで、栄養素やホルモンをきちんと循環させ、必要なところに届けることが妊娠には不可欠です。

 

どこまでも科学的根拠にこだわるのがウムリンとショウガヨウサンのメーカー、ワノミライカなのです。

 

科学的根拠にこだわった結果、ショウガヨウサンは妊活中から妊娠4か月までと妊娠5か月から出産までの2種類が販売されています。

 

赤ちゃんの月例によって葉酸の必要な量が変わってくることから、「余計なものを摂りすぎない」配合に変えているのです。

葉酸も取れて、温活も一緒にできるのは妊活中の女性にとってはとてもありがたいサプリです。

 

ウムリンで卵子の老化を防ぎ、ショウガヨウサンで授かるための体作りをサポートする。

 

この組み合わせが妊活におススメです。

 

日本古来の食材(ショウガヨウサン)が妊活に有効だった

 

ウムリンの梅、ショウガヨウサンの生姜。

どちらも日本の食文化には古来からあった食材です。

 

日本人になじみのある材料にこんな素晴らしい効能があることがわかったのは、科学のチカラですね。

 

>>【今だけ限定33%OFF】ショウガ葉酸キャンペーン詳細はコチラ

(※先着300名限定みたいです)

タイトルとURLをコピーしました